ブランド食器買取専門店リムーブ
ブランド食器買取専門店リムーブ
ブランド食器買取専門店リムーブ
ブランド食器買取専門店リムーブ

ブランド食器の買取に特化!査定無料!
どんな状態でも、1点でも大量買取でもお受けできます!

完全無料の宅配キットを注文
  • LINE査定
  • 写メ査定

ロイヤルコペンハーゲンは高額買取!? 高級食器買取のコツとは?

2019年5月27日

ロイヤルコペンハーゲンは高額買取!? 高級食器買取のコツとは?

 

有名ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」の食器はおしゃれで人気も高いですよね!

しかしなかなか機会がなく、使っていない方も多いのでは?そんな食器は思い切って買取してもらいましょう。綺麗に磨いたり箱に入れたりすることで、高額買取に繋がります。ちょっぴり手間をかけて、少しでも高く買取してもらいましょう。

  

おうちに眠っている高級食器を少しでも高く買取してもらいたい!

何かの機会によくもらいがちな食器類。しかし、使わずに眠っているものやあまり使用していないものはありませんか?

 

特に、有名ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」の食器は見た目もおしゃれで知名度も高いため、高額買取してくれるお店も少なくありません。少しでも、高値で買取してもらうためのポイントやコツを紹介していきます。

 

使っていない食器をチェックしよう!

まずは、使わずに箱にしまったままの食器や、箱から出しているけれど使ったことがないものを探してみてください。「いつか使うかも」と何年もしまってある食器なども、この機会に整理すると良いでしょう。

 

ロイヤルコペンハーゲン」の食器は、セットで販売されているものも多いため、それらは全て揃っている方が高額買取に繋がります。しかし、単品でも買取してもらえるのでなくしていたり壊れてしまっていたりする方も諦めないでください。

 

また、箱を残している方は探してみましょう。ショップによっては箱がないと買い取りしてくれないショップもあるので、買い取りに出す前に確認してみてください。

 

意外と使っていない食器は多いものです。この機会に、食器の見直しをすることで収納スペースの確保にも繋がりますね!

 

買取してもらいたい食器を良い状態にしよう!

買取してもらいたい食器が決まったら、一つひとつ細かく状態を見ていきましょう。

 

少しでも高額買取してもらうためには、ほこりや汚れがないことが望ましいです。傷をつけないよう細心の注意を払ってお手入れをしましょう。

 

新品のものは、柔らかい布などで食器全体を丁寧に拭きます。箱から出していたものなどは、柔らかいスポンジに食器用洗剤を含ませ洗い、ぬるま湯で流してください。そのあと、柔らかい布で水分を拭き取りましょう。

 

汚れが落ちないからとタワシでゴシゴシこすったり、漂白剤につけおきしたりすることは絶対にやめてください。細かな傷がついたり、絵柄が落ちてしまったりすると買取額が大幅に下がってしまう原因にもなります。

 

食器が綺麗になったら、箱が残っている場合はほこりなどを丁寧に拭き取り、箱にしまいましょう。セット商品も、全て箱に揃った状態だと高額買取に繋がります。

  

様々な買取方法の中でも、おすすめは宅配買取

買取してもらえる状態に整ったら、いくつかの買取業者を調べて査定してもらいましょう。ほとんどの業者が査定は無料で行っています。複数の業者に査定してもらうことで、買取してもらう食器の相場を知ることができ、より高額で買取してもらう際の参考となります。

 

その際、ブランド品に詳しい鑑定士が在籍している業者に査定してもらいましょう。本来の価値を見出してくれ高額買取に繋がります。

 

特に、宅配買取はおすすめです。自宅にいながら、梱包・郵送するだけで査定や買取をしてもらえます。店舗買取のように持っていく手間もかからず、出張買取の際の業者を家にあげる抵抗がある方も心配ありません。しかし、梱包がうまくできるか不安な方は多いと思います。

 

宅配買取専門の「reMove(リムーブ)」なら他の宅配買取業者と違い、無料宅配キットに梱包の詳しい手順や食器の梱包に最適な緩衝財も同封されているため、安心して簡単に大切な食器を送ることができます。キャンセル料も無料なので、気楽に査定してもらうことができるのが嬉しいポイントです。

 

使わない食器を少しでも高く買い取ってもらおう

使わずに眠っている「ロイヤルコペンハーゲン」の食器。売る前に、お手入れしたり箱に入れたりして少し手をかけてあげるだけで、思ってもみなかった金額で買い取ってもらえるかもしれません。

 

ずっとしまっておくだけなんてもったいない!手軽にできるリムーブの宅配買取を利用して、まずは査定をしてみてはいかがでしょうか。

Contents